内向的な人でも人脈を作れる方法 前編

どーも、Shotaです(^^)/

人は何か大きなことを成し遂げるには、自分以外の誰かと協力しなければなりません。その協力を得るためには、人脈を持ち多くの人と繋がっている方が有利になります。

 

また人脈を持つことは、キャリア形成においても有利に働きます。

 

しかし、内向的な人には人脈作りと聞くと腰が引けてしまいます。

 

  • 知らない人と話すのはめんどくさく、疲れてしまう
  • 何かを得るために人脈を作ることに、後ろめたさを感じてしまう。

そう思ってしまう方が多いと思います。

本書「残酷すぎる成功法則」(エリック・バーガー著)に、内向的な人でも人脈を作れる方法が記載されていたので紹介します。

本書では内向的な人は人脈作りを、友達作りと同じ方法で取り組むべきだと述べています。

 

そうすれば内向的な人でも「めんどくさくなく、後ろめたさ」を感じずに人脈を作れるのです。

本テーマは2部構成です。

今回は前編で、友達作りの基本原則を紹介します。
ポイントは3つです。

  1. 自分と似ている人を見つけて声をかける
  2. 他の人の話をよく聴いてほめる
  3. 見返りを求めず、人に何かを提供する

人脈作りという言葉はやめて、友達を作ることに焦点を作れば、内向的な人でも人脈を作ることはできます。

そのためにも友達作りの3つの原則を、頭に入れておきましょう(^_-)-☆

本書の要点はここ!

自分と似ている人を見つけて声をかける

誰でも自分と似ている人を友達に選びます。

ある調査結果によれば人は、自分と似た名前の人に好感を持つとわかりました。
自分のイニシャルと同じ字が入っているからという理由でブランドを好きになったりします。
また知り合いの誕生日は、自分の誕生日と近いほど記憶に残りやすいとされています。

嫌いな物が同じという場合でも絆は深まります。
不平や不満を共有することは、親近感を深めることが調査で分かっているのです。

というわけで会社や、学校など自分が属する組織を見渡して、自分と似た人を探してみましょう。

そしてあなたのことを好きになりそうで、自分も好きになれそうな人がいたら、声をかけてみましょう。

他の人の話をよく聴いてほめる

自分とどこが似ているか知る

自分に似ていそうな人を見つけたら、実際に声をかけ、その人たちに質問して彼らの話に耳を傾けましょう。

そうすればきっと共通点が見つけられるはずです。

既に友達になれそうな人を選び質問をしているので、あなたの苦労も少ないはずです。

共通点が見つかった後

共通点が見つかったら、遠慮せずに惜しみなく相手を賞賛しましょう。
心の底からほめることが肝心です。

じっくり相手の話を聴くことは人との絆を結ぶうえでとても重要なことです。

FBIの行動分析官ロビン・ドリークは初対面の相手と話すときに最も重要なことは
「自分の判断を差し挟まずに、相手の考えや意見を知ろうとすること」だと述べています。

すなわち自分が言うことを考えようとせず、彼らが今話している内容にひたすら集中することが大事なのです。

見返りを求めず、人に何かを提供する

人に助けを申しでましょう。
また人が何か困っていると聞いたら、助けてあげられることを探しましょう。

つながっている誰かを幸せをしようとすると、自分にも幸せが戻ってきます。
幸せな友人は、あなたの幸福度を15%増やしてくれることが研究でわかっています。

したがって見返りのことは忘れ、何も求めずに相手に何かを提供するのです。

そうすれば助けられた人はあなたの好感を持ち、あなたも自分自身に満足できるはずです。

まとめ

本書「残酷すぎる成功法則」(エリック・バーガー著)より内向的な人でも、人脈を作れる方法を紹介しました。

まず人脈作りを、友達作りと置き換えて考えることが重要です。
そして友達を作るための3つの原則

  1. 自分と似ている人を見つけて声をかける
  2. 他の人の話をよく聴いてほめる
  3. 見返りを求めず、人に何かを提供する

を実行することが大切です。

次回の後半では、内向的な人が人脈を作るための、5つのステップを紹介します。
時間もプレッシャーもかかりません。

楽しみしていてください!(^^)!

本書について

成功法則を大量のエビデンスをもとに紹介したのが本書。
最先端の「成功サイエンス」は意外なものが多い。

  • 世界を変えるのは長所ではなく欠点
  • 自信より大切な自分への感情とはセルフコンパッション
  • 10年前には存在しなかった新しい巨大ストレスと予防法
など、これからの社会を生きていく上での成功法則がわかりやすく書かれている。

コメント

プロフィール

Shota

スムージーで「ダイエット・美肌・腸活」を応援!をモットーに、スムージーの効果やレシピの情報を発信しています。
■スムージースペシャリスト資格取得
■大手食品メーカー研究員
■スムージー歴1年
詳しいプロフィールはこちら

Shotaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました